路上なんさね。

2020年01月18日

こっそり現場訪問記 第269回 高崎市・白山神社

 あっしことでございます。


 今年の正月の取材報告第3弾です。

 あっしが毎年訪れずにはいられない注目すべき2つの神社のうち、まず今回は高崎市白岩町の白山神社さん訪問の報告です。

 ↓ いつものように、白岩観音長谷寺の山門横の道をのぼっていきます。




===続きはただいま編集中です。すみませんがしばらくしてからアクセスし直してくだされ~。===
  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)こっそり現場訪問記

2020年01月13日

路上の宝物殿 第234回 高崎市

 あっしことでございます。


 今回も「路上の宝物殿」、毎年正月に鑑賞している気になる宝物(ほうもつ)の報告です。

 その宝物は、高崎市白岩町内の県道箕郷板鼻線沿い、白岩観音長谷寺のすぐ北側で鑑賞できます。

 ↓ 参拝に訪れる人々を出迎える、生け花の作品です。



 前回の記事で報告したように、駐車場の角で展示されていた生け花は今年なくなってしまいましたが、こちらの生け花は今年も健在でした。

 ↓ 駐車場の角の生け花が簡素な鉄パイプという花器だったのに対し、こちらの生け花の花器は「防火水そう」という飾りの付いた華やかな花器を使用しています。



 ↓ 今年は向かって左側の方に重心を傾けた、アシンメトリーの作風ですね。



 これは、前髪を斜めに垂らしたキザな男を連想させる作品とも言えます。

 ↓ しかし、後ろにまわって鑑賞してみると、なんとザックリと切られているではないっすか!



 前髪は斜めに垂らし、後頭部は思い切った刈りあげという、実に斬新で意表を突く作品に仕上がっていました。生け花というものは、本当に奥が深いものですね~。


 2020年1月3日撮影
  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)路上の宝物殿

2020年01月12日

路上の宝物殿 第233回 高崎市

 あっしことでございます。


 定点観測報告はちょっと休みまして、今回は久々の「路上の宝物殿」です。

 毎年の元日に気になる神社を訪問してきましたが、今年は1月3日に訪問してきました。神社と合わせて、気になる宝物(ほうもつ)の様子にも毎年注目していまして、今年もしっかり鑑賞してきました。

 その宝物は、高崎市白岩町内の県道箕郷板鼻線沿い、白岩観音長谷寺の北側で鑑賞できます。

 ↓ 駐車場の角の「止まれ」の標識に添えられるように、新年を彩る生け花の作品が毎年展示されているのです。



 が・・・

 なんと・・・

 今年はない・・・!?

 ↓ 標識しか立っていません。



 鉄パイプを花器にするという、華美を遠ざけ枯淡の美を追求するようなあの生け花が、遂に公開終了となってしまったようです。非常に残念です!

 では、万感の思いを込めて、昨年までの様子を写真で振り返っておきましょう。

2015年 
2016年
2017年
2018年
2019年

 鉄パイプの生け花はなくなってしまいましたが、もう一つの生け花はどうでしょう。続きの報告はまた次回に。


 2020年1月3日撮影
  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)路上の宝物殿