路上なんさね。 › このブログについてなんさ

2020年09月05日

うちのネコ、20歳。 第5回

 残暑の中でも仕事しまくり、あっしことでございます。


 さて本題の方は、うちのネコの話の続きです。

 2000年10月、高崎市の動物愛護ふれあいフェスティバルの里親探しコーナーにいた、妙にいじけた三毛猫をついつい引き取って育ててきました。甘ったれで常にくっつきたがるので、名前はベタ子です。

 ベタ子には、一時期たいへん申し訳ないことをしました。一生に一度かもしれないチャンスがあって、あっし、しばらく外国に行っていました。その間ベタ子は実家に預けていたのですが、後から聞いた話では、時々誰もいない家の外に向かって大きな鳴き声をあげることがあったそうです。「早く帰ってきて!」とあっしのことを呼んでいたのかもしれません。

 2年ぶりに外国から帰ってみたら、ベタ子がすごく大きくなっていて驚きました。再会しても別に興奮するわけでもなく素っ気ない様子のベタ子でしたが、その日の夜、あっしの布団に入り込みべったりくっついて寝てくれました。飼い主が帰ってきたということはちゃんと分かってくれていたようでした。

 その後もちょくちょく外国に行くことがあったので、ベタ子は実家に預けたままで、時々会えるという状態でした。ベタ子を外国に連れて行くことはしませんでしたが、実はベタ子は外国である意味大活躍をしていました。あっしが自己紹介をするたび、ベタ子のネタが大うけだったのです。

 話の流れは、だいたいこんな感じてす。

 あっし「日本から来ました。独身ですが、日本に彼女がいます。彼女との結婚はまだ認められていません。彼女は読むことも書くことも出来ないので、今は連絡が取れなくてとても淋しいです。」(→聞き手はたいてい、「おぉ、かわいそうに・・・。」というような反応をしてくれます。)

 あっし「彼女はとても甘ったれで、私たちは毎晩抱き合いながら眠っていました。彼女はものすごーくかわいいです。」(→聞き手は一転して「わーお!」と興奮してきます。)

 あっし「彼女のかわいいところは、毛深いところです。彼女は体中毛だらけで、私よりも立派な口ひげをしています。」(→「毛深い」という言葉に反応して大笑いする人、「日本の女性はそんなに毛深いのか!」と驚く人、「こいつの彼女は男か?」と疑う人、反応は様々ですが興奮は最高潮に!)

 あっし「彼女の写真を見たいですか? これが私の彼女です。」(→ベタ子の写真を見せられて、「なんだ、ネコじゃん!」となるわけですが、ほぼ100%会場は大爆笑となり、自己紹介でのツカミは大成功となります。)

 こんな話を、主に小中学校の教室を訪れてはしていました。相手はいわゆる途上国の子供たちで、不便な環境の中で生活している子供たちばかりでしたので、少しでも楽しんでもらいたいとの思いもありました。ベタ子は、何百人か、いやおそらく何千人もの人々を笑顔にしてくれました。

 最近は外国に行く機会がなくなり、ベタ子とは離れることなくずっと一緒に生活しています。現在の仕事でも、時々ベタ子のネタでお客さんを笑わせることがあります。あと何年一緒に暮らせるのかと、ふと不安に思うこともありますが、ベタ子と出会えてよかったなぁと思っとります。

 ↓ 20歳になったベタ子。



 ↓ 美しい肉球の持ち主です。




<お願い>
 2000年10月の動物愛護ふれあいフェスティバルでネコを里親探しコーナーに出していた渋川市の女性さん、このネコがどんな生い立ちだったのか教えてください! もう少し詳しく話を聞いておけばよかったと思っています。
  

Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)このブログについてなんさ

2020年08月13日

うちのネコ、20歳。 第4回

 徹底的にやってしまう、あっしことでございます。

 本日も家の周りの草むしりをしやした。南側の、草が一番生い茂っている場所をむしりまくっちゃいましたね。草が1本も残らないくらいまでむしるのが理想で、それを目指してやっとります。草には何の罪もないので、申し訳ないなと思いつつ。


 さて本題の方は、うちのネコの話の続きです。

 2000年10月、高崎市の動物愛護ふれあいフェスティバルの里親探しコーナーにいた、妙にいじけた三毛猫。ついつい引き取ってしまいました。

 突然始まったネコとの共同生活。それまでに何匹ものネコと暮らしたことがあるので、さほど大騒ぎになるというわけではなかったです。ただ、一緒に暮らし始めてみて、今度のネコはものすごい甘ったれネコだということが分かりました。

 前回の記事に書いたように、引き取った初日から遊び疲れてあっしの胸の上で眠りだしてしまったこのネコ。とにかくあっしにくっつきたがるのです。あっしがあぐらをかいて座っていれば、ももの上に乗っかってベッタリくっつく。寝る時も、布団の中に入ってあっしの体にベッタリくっついて寝る。も~、いくらなんでもベタベタしすぎだろ! と思うほどでしたので、名前は「ベタ子」に決めました・・・。

 台所で料理をする時、火を使って危ないのでベタ子を居間の方に置いておくのですが、「あたしを置いてかないで! あたしも入れて!」とばかりに扉を無理矢理開けようとして毎度毎度騒ぎ出します。あっしがトイレや風呂に入っている間もそうです。どうもこのネコ、「また見捨てられちゃうんじゃないか」という不安を抱えているようにあっしには思えました。里親探しコーナーで聞いた「親や兄弟と離れ離れになってかわいそうなネコなんです」という話と関係があるんですかね。

 そんな甘ったれネコですが、平日の昼間はあっしも仕事がありますので、ベタ子を部屋に残して出かけます。そして夜に帰宅するわけですが、ここでまた甘ったれぶりが炸裂です! 当時はバイクのみで通勤していたのですが、アパートの駐輪場にバイクが戻って来た音を聞きつけると、よほど待ちわびていたのか、部屋の中から「早く来て! 早く!」とばかりにニャオンニャオン大声で鳴き出してうるさいったらありゃしない。そして部屋に入ると、まっしぐらにあっしに跳びかかり、肩の上までよじ登って「待ってたんだよ~!」とベロベロ顔をなめまくる超濃厚なお出迎えが毎日のようにあるわけです。

 ベタ子は愛情に飢えているんだなぁ、と感じる日々でした。20歳になった現在のベタ子も、常にくっつきたがる、車やバイクの音で帰宅が分かると家の中から大声で鳴きわめくというのは変わりありません。ちょっとうぬぼれかもしれませんが、「捨てられたくない、このご主人とずっと一緒にいたい」とベタ子から思われているようで、うれしい限りです。

 ↓ 最近のベタ子も、あっしのももの上にベッタリくっつきます。この状態になると、動きたくても動けなくなるというのがネコ飼いのうれしい悩みですね。




<お願い>
 2000年10月の動物愛護ふれあいフェスティバルでネコを里親探しコーナーに出していた渋川市の女性さん、このネコがどんな生い立ちだったのか教えてください! もう少し詳しく話を聞いておけばよかったと思っています。
  

Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)このブログについてなんさ

2020年08月03日

うちのネコ、20歳。 第3回

 あっしことでございます。

 本日はバイクで出勤しようとしていたのですが、仕事の用事で自動車が必要なことを思い出し、バイク出勤はやめました。そしたら帰宅する頃の時間に夕立で大雨が降りまして、バイクだったら面倒なことになってたな~と思った次第であります。


 さて本題の方は、うちのネコの話の続きです。

 2000年10月、高崎市の動物愛護ふれあいフェスティバルの里親探しコーナーにいた、妙にいじけた三毛猫。ついつい引き取ってしまいました。

 フェスティバルの会場から一旦家に帰り、ネコを受け入れる準備をちょっとしたあと、家の近くの待ち合わせ場所で女性からネコを引き取りました。(この時に女性の連絡先やネコの生い立ちを詳しく聞いておけばよかったと、今では後悔しています。)

 箱の中に入れられたネコをそっと連れ帰り、アパートの一室で箱から出してやりました。しばらく様子をうかがっているようでしたが、やがて「おー、ここがあたしの新しい住まいかー」と理解したのか、元気に歩きまわり始めました。里親探しをしていた他の子ネコよりは体が大きかったものの、それでもまだ後ろ脚が少し頼りない感じのよちよち歩きでした。それまで、大人になっていた野良ネコを手なずけて育てたことは何度かあったのですが、こんな子供のネコを育てるのは初めてだったのでちょっと不安も感じましたね。

 やがて、蛍光灯のスイッチのひもに飛びつくなどしてネコが遊び始めました。里親探しコーナーでいじけていた様子とは大違いで、大はしゃぎで遊び始めたのです。動くものがあればすぐに反応する状態でしたので、そこら辺にあるものを使って遊び相手になってあげました。どのくらい遊び続けたか、あっしもネコも遊び疲れました。あっしが布団の上に横になると・・・ネコはあっしの胸の上に乗っかってきました。そしてスフィンクスのような姿勢で座り込み、やがてスースーと寝息をたてて眠り始めたのです。

 里親探しコーナーで出会ったその日のうちに、いじけてよそよそしい雰囲気さえあったネコがすっかりリラックスし、あっしにベッタリくっついて眠ってくれたのです。それは、このネコが心を開いて打ち解けてくれた証しだと感じました。あとから思えば、まるで一緒に生活することがずっと前から約束されていたかのようにも思える出来事でした。

 ↓ ベタ子もやはりコタツ大好き。でも、あったまりすぎてコタツ布団からだらしない顔を出していることも。




<お願い>
 2000年10月の動物愛護ふれあいフェスティバルでネコを里親探しコーナーに出していた渋川市の女性さん、このネコがどんな生い立ちだったのか教えてください! もう少し詳しく話を聞いておけばよかったと思っています。
  

Posted by あっしこと at 23:59Comments(6)このブログについてなんさ