路上なんさね。 › 路上の宝物殿

2017年01月03日

路上の宝物殿 第225回 高崎市

 あっしことでございます。


 「路上なんさね。」の新年恒例の記事といえば、これも忘れるわけにはいきませぬ! 今回は「路上の宝物殿」、毎年気になる生け花作品の今年の様子を報告しましょう。

 その宝物(ほうもつ)は、高崎市榛名地域(旧榛名町)を通る県道箕郷板鼻線沿い、白岩観音・長谷寺の本堂近くにて2014年の元日に発掘されました。

 ↓ 今年も新年を祝うかのように、しっかりと飾られていました。



 「防火水そう」と名付けられた、枯淡の美を感じさせる花器に活けられています。

 ↓ 昨年よりも、今年は少し勢いが回復していますね。



 ↓ ちなみにこれが2016年の元日の様子です。



 この生け花作品には、対になる作品があります。50メートルほど離れた白岩観音・長谷寺の駐車場にて2015年の元日に発掘された生け花です。

 ↓ 止まれの標識に寄り添うようにして活けられています。



 ↓ こちらは、昨年よりも大幅に勢いが回復しました。



 ↓ なんといっても、2016年の元日はこのような惨状でしたから。



 アメリカのトランプ新大統領に期待し、日本経済の回復を願う気持ちがこの2つの作品にも表現されているようですね。長谷寺や、その隣りにある白山神社を訪れる際には、ぜひこれらの生け花も鑑賞してみてくだされ。

 ※ 作品の解釈はあくまであっしことの個人的見解や妄想に基づくものであり、必ずしも作者の意図に合致するものとは限りませぬ。


 2017年1月1日撮影  出土地 群馬県高崎市白岩町


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)路上の宝物殿

2017年01月01日

路上の宝物殿 第224回 伊勢崎市

 本日の走行距離、360キロメートルくらいだったのではないでしょうか。それでも高速道路を使わなかった男・あっしことでございます。


 本日の取材の主な目的だった現場の様子は、また明日以降に記事にしていきます。とりあえず今回は、速報記事的な「路上の宝物殿」として、本日の移動途中に偶然出会った作品を皆さんとともに鑑賞してみましょう。

 その宝物(ほうもつ)は、伊勢崎市内の県道国定藪塚線沿いにて発掘されました。

 ↓ 国定駅近くで県道がJR両毛線と交差する踏切のすぐ近くにありました。



 牛久保農園さんという屋号が表示された、無人販売所のようですね。しかし、無人販売所としてはかなり大規模なんじゃないでしょうか。

 ↓ 100円から300円までの値段が表示された、コインロッカータイプの販売機。



 ここはスーパー銭湯の更衣室か?と思うくらい、たくさんのケースが並んでいます。それだけお客さんも多いのでしょうか。この地域では「野菜は無人販売所で買うもの」という文化が根付いてたりして?

 ↓ しかし、商品は全く入っていませんでした。なぜなら、お正月の休業中だったから・・・。



 一番上に「営業中」と書いておきながら、「休業します」というのは、我々に混乱を与えるちょっとしたサプライズなのでしょうか。「人生なんて矛盾に満ちているんだんべ」という、経営者さんからのメッセージかもしれませぬ。

 さて、本当の宝物はいよいよこれからです。

 無人販売機の置かれた小屋の内側の壁に、驚くべき新商品を見付けました!

 ↓ こんな形状の携帯電話、見たことがありませぬ。



 まるでキュウリの形状そのままに、ちょっととがったプツプツの加工も表面に施されているようです。おそらくこの携帯電話は、握りやすさという条件を極限まで追い求めた結果、「キュウリに勝るものは無い」という結論に至ったのでしょう。

 「スマートフォンなんて、うすっぺらくて通話の時に持ちにくくてしょうがねぇ!」という皆さん、ぜひこのキュウリ型携帯電話に機種変更しましょう!

 ※ 作品の解釈はあくまであっしことの個人的見解や妄想に基づくものであり、必ずしも作者の意図に合致するものとは限りませぬ。


 2017年1月1日撮影  出土地 群馬県伊勢崎市


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)路上の宝物殿

2016年12月30日

路上の宝物殿 第223回 伊勢崎市

 元日にはお立ち台に立つのが楽しみだという群馬県民の皆さん、思いっきり楽しんでいる姿を見せてくだされ! あっしことでございます。

 いよいよ年末年始がやって来ます。12月31日は、毎年恒例のやつを11時59分に公開する予定です。そして1月1日は、2016年の1月1日と同じようなことをしようと思っとります。


 さて本題の方は、「路上の宝物殿」です。

 通常は宝物殿の収蔵作品を、古いものから順に紹介していますが、前回と今回はちょっと例外です。2017年の1月1日が来るのを前に、あえて2016年の1月1日に発掘された作品を鑑賞してみましょう。

 2016年の1月1日は、群馬に取材遠征しニューイヤー駅伝中継所のお立ち台をめぐる熱いドラマを鑑賞しました。第3中継所の伊勢崎市役所に立ち寄った際、その近くで新年にふさわしい作品に出会いました。

 その宝物(ほうもつ)は、伊勢崎市内の飲食店の敷地内にて発掘されました。

 ↓ あっしことも食事したことがある、松屋伊勢崎上泉町店さんです。



 新年を迎えると、「今年こそはやるぞ!」というような、前向きな気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

 ↓ かなりの前傾姿勢です。

 

 ↓ 「勇気をもって新しい世界にダイブしよう!」、そんな勢いを感じます。



 皆さんも、元日はニューイヤー駅伝の中継所で、勇気をもってお立ち台の上に立ってみてくだされ! その様子をあっしことが取材しちゃいますよ。

※ 作品の解釈はあくまであっしことの個人的見解や妄想に基づくものであり、必ずしも作者の意図に合致するものとは限りませぬ。


 2016年1月1日撮影  出土地 群馬県伊勢崎市上泉町


  
タグ :伊勢崎市


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)路上の宝物殿