路上なんさね。 › こっそり現場訪問記

2017年02月11日

こっそり現場訪問記 第232回 桐生市・駅伝

 どういう設定なのか興味があるあっしことでございます。

 今夜放送のテレビ番組の中に、「パーフェクト弁護士・南蛇井律子」ってのがあったらしいじゃないっすか。南蛇井って・・・南蛇井(なんじゃい)駅の南蛇井っすよね。群馬県富岡市出身の女性弁護士って設定だったりして。働き者で男勝りの、よくしゃべる女性というイメージが勝手に浮かんできてしまいますな。

 実際はどうだったんでしょうか。番組を観た方がいたら、教えてくだされ~。


 さて本題の方は、今年のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝競走大会)のお立ち台を巡る熱いドラマの報告の続き、ようやく今回で完結です。





===続きはただいま編集中です。すみませんがしばらくしてからアクセスし直してくだされ~。===
  

Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)こっそり現場訪問記

2017年02月08日

こっそり現場訪問記 第231回 桐生市・駅伝

 あっしことでございます。


 さて本題の方は、今年のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝競走大会)のお立ち台を巡る熱いドラマの報告の続きです。

 ↓ インタビューが終わっても関係者以外立ち入り禁止の規制がなかなか解けないため、代わりの撮影スポットとして中継所の表示板に集まる人たち。



 別に、「列を作ってください!」と誘導されているわけでもないのに、ちゃんと並んで順番を待っています。日本人のマナーの良さが発揮されていますね。

 ↓ そこそこの笑顔を見せてくれている子供もいましたが・・・。







 やはり、「なんでこんな所でポーズとらなきゃいけないの?」というかすかな疑問が子供たちの心の中にも生じていたのではないでしょうか。「お立ち台で写真を撮りたいな・・・」 みんながそう思っているのに、厳しい立ち入り禁止規制のため夢を叶えられないという現実。

 中継所の表示板で我慢し、帰宅してしまう人たちが続出する中、果たして奇跡は起きるのか!?

 この続きは、また次回に。


 2017年1月1日こっそり訪問  所在地 群馬県桐生市


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)こっそり現場訪問記

2017年02月05日

こっそり現場訪問記 第230回 桐生市・駅伝

 本日も観てきやした、あっしことでございます。

 本日はまずビッグハットに行き、全国中学校スケート大会から。先週のながの銀嶺国体に続いて女子フィギュアを観に行ってみやした。国体の方は成人女子の演技を見たので、それに比べると中学生の演技はどうかなぁ~見劣りするかなぁ~と思ったのですが、いやいや失礼いたしやした! 成人女子の演技と遜色ないような演技をする中学生が多いじゃないっすか。まぁ、フィギュアにほとんど関心なかった素人のあっしの感想なのですが。

 そのあと、昨日に続いて長野市民演劇祭の高校生の演劇を2作品。また泣ける作品だったら危険だ!ということで、念のためハンカチを持参しましたが、本日のはそんなに危険な作品ではなくて助かりやした。それにしても、みんな堂々と演技してやしたね。あっしなんて、いつもこっそりしてばっかりっすからね・・・。


 なお、書きかけだった記事は、1月31日の「定点観測してぇんさ」の記事まで完成させておきました。どうぞそちらもご覧になってくだされ~。


 さて本題の方は、今年のニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝競走大会)のお立ち台を巡る熱いドラマの報告の続きです。

 ↓ 選手へのインタビューが終了しました。



 無事に大役を終えたという感じで、女子アナウンサーさんはほっとした様子の笑顔を見せていました。

 ↓ その頃、記念写真を撮りたくて待ちきれない人たちは、お立ち台ではなく中継所の表示板の所で撮影開始!







 皆さんそれなりに楽しんで撮影しているようですが、お立ち台に比べるとやはりちょっと様にならないというか、興奮度もちょっと足りない感じがします。

 ↓ インタビュー終了から4分ほど経ちましたが、立ち入り禁止のままのお立ち台周辺。



 どこから入っていったのか、3人ほどのグループがお立ち台で写真撮影をしようと果敢に突撃! ・・・しかし、大会関係者に「まだ駄目です」と言われ追い払われてしまいました。なんという厳しい状況でしょう。

 この続きは、また次回に。


 2017年1月1日こっそり訪問  所在地 群馬県桐生市


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)こっそり現場訪問記