路上なんさね。 › 2013年10月

2013年10月31日

定点観測してぇんさ 第59回 国道254号甘楽吉井バイパス

 23時59分に記事を投稿できること、なんという幸せでございましょうか。そんなふうに思うあっしことでございます。


 10月の定点観測報告、本日は国道254号甘楽吉井バイパスの工事現場です。

 この現場では、西吉井駅入口交差点から本郷交差点までの区間は工事に進展が見られなくなり、ほぼ完成したものと判断し、A地点・B地点の撮影を9月をもって終了しました。

 10月からは、本郷交差点より東側のC地点・D地点・E地点のみの撮影です。(正確に言うと、C地点は本郷交差点の西側から撮影していますが。)

 ↓ それぞれ左側が9月に撮影した写真、右側が今回撮影した写真で合成してあります。

C地点
D地点
E地点

 今回は珍しく雨の中での撮影となりました。傘をさしながらの撮影はたいへんでしたが、たまには雨の風景が入るのも変化があってよいかと思い、頑張って撮影してみました。

 C地点の交差点では、バイパスの方にはほとんど変化が見られませんが、交差する県道吉井安中線の方でだいぶ工事が進行した様子でした。近いうちにこの交差点も通りやすく完成してくれるでしょうか。

 D地点・E地点も、今回はあまり大きな変化はありませんでした。E地点の写真ではキリンのしっぽが見られますので、そのあたりを楽しんでいただければと思います。

 動画です。今回からは、いつものファミリーマート駐車場を出て、本郷交差点より東へ進みながら撮影した動画のみとなります。




 2013年10月20日撮影

 ↓ C地点の本郷交差点はここ。


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(2)定点観測してぇんさ

2013年10月31日

定点観測してぇんさ 第58回 高崎駅周辺3・4

 今夜も緊急措置です。1時59分に記事を投稿しておきましょう・・・。


 10月から開始した新たなる定点観測。JR・上信電鉄の高崎駅周辺でこれから進められる大規模施設の開発工事を観測していくことにしました。

 前回は駅西口の2つの観測対象を紹介しました。今回は、残りの駅東口の観測対象を紹介します。


高崎駅周辺第3観測対象

A地点 B地点
C地点 D地点

 駅東口から300メートルほどの位置に、現在はビックカメラ、高崎市中央体育館、栄町駐車場などがありますが、その場所に高崎市都市集客施設なるものが建設される予定です。

 施設は東エリアと西エリアに分かれるそうです。東エリアは音楽ホールで、群馬交響楽団の本拠地ホールとなる約2000席のメインホールなどを備えます。

 西エリアはビジネスゾーンで、民間の商業施設や、子育て支援の場として子ども図書館などが入るようです。

 かなり広い区画で工事が進められ、2つのエリアに分かれるとのことですので、4つの地点から撮影をしていくことにしました。A地点は東エリアとなる栄町駐車場を南東から、B地点は同駐車場を北西から撮影していきます。残りは西エリアで、C地点はビックカメラの場所を北西から、D地点は中央体育館の場所を南西から撮影していきます。

 東エリアは平成27年度中に建設を始める予定、西エリアは平成28年度の着工を目指す、とのこと。まだまだ先の話ですので、しばらくは3ヵ月おきに撮影をしていきたいと思います。

 2013年10月14日撮影




高崎駅周辺第4観測対象

 A地点 B地点

 最後に登場しますのは、高崎競馬場跡地、現在は場外馬券売り場のBAOO高崎です。この場所には、群馬県コンベンション施設の建設が計画されています。

 国際的なイベントも誘致できるような展示施設・会議施設を造るとの構想のようですが、巨額の県予算が充てられることになるので県議会で議論が続いているようですね。それでも、平成27年度中に着工し、29年度にオープンという計画で進められているようです。

 A地点は競馬場跡地の中、南西からの撮影。B地点は北西からの外観の撮影です。

 競馬のコースだった場所は、現在はウォーキングコースとして利用できるようになっています。コースに囲まれた中央の部分は駐車場になっていて、施設営業日には無料で駐車できるので、便利ですね。

 ↓ 休日だったこの日は、地方競馬の馬券を求める人たちがたくさん来場していました。



 この場所も、しばらくは3ヵ月おきに撮影をしていきたいと思います。A地点・B地点以外に、高崎競馬場の名残りの風景も見付けてたら撮っておこうかと思います。

 2013年10月14日撮影


  


Posted by あっしこと at 01:59Comments(2)定点観測してぇんさ

2013年10月29日

定点観測してぇんさ 第57回 高崎駅周辺1・2

 大学の入学時期を秋に変更するという話が出てきて、しばらく前に議論になりましたね。ま、今も議論は続いているかと思いますが、どうなるのでしょうね。


 今のところ日本では、物事の新しいスタートの時期というとやはり春のイメージですが、あっしことの定点観測、秋の10月にまた新しいスタートを切りました!

 県道藤木高崎線の工事現場の定点観測が完了し、国道254号甘楽吉井バイパスの定点観測も一部区間が完了したということで、次なる定点観測を始めることにしたのです。

 その観測対象とは・・・高崎駅周辺の4つの大規模施設の開発工事です! JRおよび上信電鉄の高崎駅周辺で計画されている、高崎市の新しい顔ともなるような大規模施設の工事の様子を観測していきたいと思います。

 今回はまず、駅西口の観測対象の方から紹介していきます。


高崎駅周辺第1観測対象

A地点 B地点

 先頃、駅西口のファッション関係中心の商業施設・高崎ビブレが2014年春に閉店し、その周辺の土地も合わせてイオンモールが建設されると発表されましたね。

 駅西口の目の前で行われる大規模開発。これはもう、定点観測しないわけにはいきませんね。イオンモールの開業は2016年を予定しているようで、まだ2年以上も先の話ですが、多くの人に親しまれてきたビブレの閉店まではあと半年ということですので、しばらくはビブレの最後の姿を1ヵ月おきに撮影していきます。

 2013年10月14日撮影




高崎駅周辺第2観測対象

A地点 B地点

 こちらは高崎駅の南側約800メートル、JR高崎線と上信電鉄の線路にはさまれた日本製粉工場跡地です。この場所に高崎市の新体育館が建設されます。国際大会も開催できるような高機能な体育館を予定していて、平成27年度内の完成を目指すとのことです。

 ↓ 現場南側のフェンスに掲示された建設予定地を示す看板。



 ↓ 上信電鉄の線路の西側にも、ほんの小さな空き地が建設予定地になっているのですが、この飛び地はどうするのでしょうかね?



 今年中に新体育館の設計が決まるようですが、まだ工事は始まっていませんので、この現場はしばらくは2~3ヵ月おきに撮影していこうと思います。

 2013年10月14日撮影


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(2)定点観測してぇんさ