路上なんさね。 › 2014年06月

2014年06月30日

田園美少女図鑑 第42回 安中市

 夜になって、高崎市内では激しい雨が降る時間帯がありました。もう雨はおさまったのですが、ついさっきまで自宅のネット回線が、しばらく不通の状態になっていました。

 記事を投稿するまでの間だけは、どうかネットがちゃんとつながっていますように! たのんますよ~。


 さて、本日の記事は久々に「田園美少女図鑑」です。美少女・美少年ファンの皆さんのために、昨年の秋以来となる報告をしたいと思います。

 だいぶ前になりますが、グンブロ仲間のぷり!さんから、松井田の美少女たちがいなくなったよ、という情報が寄せられました。松井田の・・・というのは、このブログで既に何度も記事にしていますが、田園美少女図鑑 第19回 などで報告している、安中市内の碓氷川の河原に立っている田園美少女・美少年たちのことです。

 彼女たちは本当にいなくなってしまったのか? 6月に様子を見に行ってきました。

 ↓ JR信越本線・松井田駅近くの橋の上から碓氷川を見た様子。



 ↓ 同じ橋の上から上流側を見てみると、釣り人が川に入っているのが見えました。



 ↓ 釣り人の様子を、草むらの中から見守るかのように立っている人の姿が・・・あれはもしや!



 近くに行って確認せねば。川の右岸の草むらへ出る道はなかなか分かりづらく、接近するのに苦労しましたが、そこは飽くなき探求心で道を切り拓きました。

 ↓ そこにあったのは、川と釣り人を見つめながら寄り添う男女の姿でした。



 ↓ 正面にまわってみると・・・間違いありません、美少女と美少年です。



 寄せられた情報によると、一旦はこの河原から美少女・美少年の姿が無くなっていたようですが、釣り人などの来訪が増える季節に合わせて再び河原に戻ってきてくれたのでしょう。

 ↓ それにしても、実にうらやましいくらい、仲睦まじい二人です。



 まだ他にも美少女・美少年がいるのでは? 下流の方へとさらに探索を進めました。続きの報告は、また次回に。


 2014年6月14日撮影  ロケ地 群馬県安中市松井田町八城

 ↓ 二人が立っていたのは、このあたり。


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(6)田園美少女図鑑

2014年06月29日

群馬県の境目 第22回 県道下仁田安中倉渕線

 我ながら、極端すぎるよな、と思うあっしことでございます。

 昨日は十数時間眠りまくったのですが、その反動もあってか、本日は久々に徹夜をしてしまいました。一睡もせずに正午過ぎに風呂に入り、そのあと用事があって出かけました。夕方に買い物を済ませたあと、車の運転席で1時間半ほど熟睡しちゃいましたね~。その後は、いまのところ眠気には襲撃されていませぬ。

 1時間半の睡眠だけでも、何とかなるもんなんですね。いや、2日間で合計15時間くらいだから、1日平均7時間半でちょうどいいってことなんですかね・・・?


 さて、ひどい前置き話は終わりにして、本日の本題は「群馬県の境目」です。しばらく前に、「こっそり現場訪問記 第82回」で、富岡市内の繭の形のオブジェの報告記事を書きました。その現場の行き帰りに通った道路上の境目が、なかなか印象的なものだったので報告したいと思います。

 その境目は、県道下仁田安中倉渕線上にある富岡市と安中市との境目です。この県道、路線名が示すように下仁田町から高崎市倉渕地域(旧倉渕村)まで、だいぶ複雑な道筋をした道路です。

 その県道が、富岡市と合併した旧甘楽郡妙義町の妙義町役場(現在は富岡市役所妙義庁舎)のすぐ近くを通っていて、そこから磯部温泉の方へと進んでいく途中に安中市との境目があります。安中市といっても、こちらも安中市と合併した旧碓氷郡松井田町だった地域です。つまり、現在は富岡市と安中市との境目ですが、以前は妙義町と松井田町との境目だった場所なのですね。

 旧妙義町役場付近から境目までは、急カーブが連続する坂道です。まるで山越えの峠道のようですが、旧妙義町を流れている高田川の河岸段丘の斜面を一気に駆け上っていくための坂道のようです。坂道をのぼりきった、峠の頂上のような場所に境目があります。

 ↓ 安中市側から富岡市側を見た様子。(クリックで写真拡大されます。)



 標識は富岡市の三文字と英語表記が別になったタイプ。道路の先に妙義山の特徴的な姿が見えますね。

 ↓ 富岡市側から安中市側を見た様子。



 こちらは英語表記付きの標識ですね。

 さて、険しい坂道から一転して、安中市側に入ると道路の傾斜は急にゆるやかになり、左右には広大な農地が広がっています。遠くまで見渡せる畑の光景は、なかなか開放感があって素晴らしいです。

 ↓ その様子をお伝えするため、2枚の写真を合わせてパノラマ写真にしてみました。



 富岡市側の険しい坂道と、安中市側の広々とした農地。境目を通過することによって光景が一変する様子は、非常に印象深いですね。境目レベルはAとしておきたいと思います。(あくまであっしことの個人的見解です。)

 最後に、動画です。富岡市側から安中市側へと進んでいきます。58秒あたりで越境します。最後は広大な農地を見るため、県道からはずれて横道に入ります。




 2014年6月14日越境


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(4)群馬県の境目

2014年06月28日

定点観測してぇんさ 第116回 国道254号甘楽吉井バイパス

 いや~、久しぶり~、なあっしことでございます。

 本日は思いっ切り眠りましたね。朝起きてはまた寝て、昼起きてはまた寝て、合計で14時間くらい眠ったんじゃないでしょうか。たまりにたまった寝不足を一気に解消です。

 それから今週は、久しぶりに米を炊きました。電子レンジが故障しているので、炊いても残ったご飯をどうするかという問題があったのですが、それには解決法を編み出しました。電子レンジで温めることが出来ないなら、冷や飯は炒めちまえばいい! ってことで、残ったご飯はチャーハンにして喰らうことにしたのです。

 料理好きの人には、そんなのすぐに出来ることでしょって言われそうですが、料理に時間をかける習慣が全くないあっしことにとっては、これでも革命的な進歩と言えるかもしれませぬ。それほどひどい食生活なんですよね~。


 さて、今月の定点観測報告、今回は高崎市吉井地域(旧吉井町)の国道254号甘楽吉井バイパスの工事現場の報告です。

 ↓ 左側が5月に撮影した写真、右側が今回撮影した写真で合成してあります。

F地点

 今月から、D地点・E地点も撮影休止としました。まったく変化が見られないですからね。一方、大沢川の西側のF地点では、着々と橋を架ける工事が進められているようです。

 ↓ 巨大なクレーン車の奥で、鉄骨が組み立てられているように見えました。



 ↓ 大沢川の東側200メートルくらいの現場。道路建設が進んでいますね。



 ↓ さらに東側の定点観測地点。それぞれ、左側が5月に撮影した写真、右側が今回撮影した写真で合成してあります。

G地点
H地点

 G地点は、民家の立ち退きが進んだので撮影範囲を右の方へずらしてみました。H地点はまだ変化がありませんね。

 では、動画です。今回から、撮影開始場所を今までより東側の地点にしました。56秒あたりで到着するのがF地点、G地点は3分20秒あたりで通過します。




 2014年6月15日撮影

 ↓ F地点はこのあたり。


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(4)定点観測してぇんさ