路上なんさね。 › 2015年07月

2015年07月31日

路上の宝物殿 第176回 長野市

 群馬に行く前に再会を果たしたあっしことでございます。

 日曜日には定点観測の取材で高崎市に行きますが、定点観測の他に群馬に行く目的の一つとして、販売が再開されたペヤング ソースやきそばを入手するという任務がありました。関東地方では販売が再開されたものの、長野ではいつ再開になるか分からないので・・・と思っていたのですが!

 本日の仕事帰り、長野市内のドン.キホーテに立ち寄ってみたら、ペヤングが売られていたのです! 長野全体で販売再開になったのか、それともドン.キホーテだけが関東地方から商品をまわして売り出したのかは分かりませんが、とにかく売られていました。

 値段も128円+8%ということで、品薄状態につけこんだ高値売りというわけでもなかったので、とりあえず2個購入しました。新パッケージのペヤング、長野にて入手しやした~!


 さて猛暑が続くなかでの本日の本題ですが、本日の仕事帰りに発掘したばかりの宝物(ほうもつ)を紹介したいと思います。

 通常なら古いものから順に紹介していくのですが、本日の作品は今すぐに紹介してこそ、その魅力が存分に発揮される作品です。

 その宝物(ほうもつ)は、長野市内の商業地域・権堂町にあるイトーヨーカドーの店舗内にて発掘されました。

 ↓ 地下1階の階段と自動販売機の間に、ひっそりとたたずんでいる人が。



 何か物思いにふけっているようですが、何を考えているのでしょう?

 ↓ この人物のつぶやきが聞こえてきました。



 「秋か・・・

 って、ちょっと早すぎでしょ! 外は夏真っ盛り、まだまだ暑い日が続きそうなのに・・・。ずっと建物内に引きこもっていると、こんなにも季節の感覚がずれてしまうのでしょうか。やはり、たとえ暑くても外に出て、ありのままの季節を感じて生活することが大切なんですね。

※ 作品の解釈はあくまであっしことの個人的見解や妄想に基づくものであり、必ずしも作者の意図に合致するものとは限りませぬ。


 2015年7月31日撮影  出土地 長野県長野市権堂町


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(2)路上の宝物殿

2015年07月30日

路上の宝物殿 第175回 高崎市

 最近、心強い味方を見付けたあっしことでございます。

 夜ごと繰り広げられる、眠気との壮絶な戦い。眠気に対抗する武器としては、カフェインの含有量が高いエナジードリンクに頼ることが多々あります。しかし、一般的な清涼飲料水に比べて割高なエナジードリンク。安売りしているものを見付けてまとめ買いするなど、経済的な入手のためには少々手間がかかっています。

 そんななか、眠気戦線における救世主になるのではと期待される飲み物が登場しました! それは、ペプシ ストロング ゼロ、強炭酸×強カフェインを売りにしたペプシの新商品です。エナジードリンクを意識したと思われるカフェイン多めの設定、それでいて今までのコーラ飲料と変わらぬ料金帯ですから、エナジードリンクよりもかなり安く入手できます。(新商品のキャンペーンということで、うちの近所のスーパーマーケットでは特に安売り中。)

 で、眠気に対する戦闘力ですが、あっしことがこれまでに3回くらい試したところでは、かなり高い能力を感じましたよ。飲んでしばらくの間は、眠気を全く寄せ付けないという無敵状態になりました。まぁ、「カフェインが多い」ということへの期待からもたらされる心理的効果もあるかと思いますけどね。それでも、今後の眠気との戦いには大きな力となってくれそうです。


 さて本日の本題も、「路上の宝物殿」です。暑さへの対策として、服を脱ぎ捨てるわけにはいかないけれど、せめて髪を短くしてスッキリしようという方もいらっしゃることでしょう。そんな方たちのために、今回は理髪店の作品を紹介しましょう。

 その宝物(ほうもつ)は、高崎市の新町地域(旧新町)にて発掘されました。

 ↓ “理想は高く” ということなのか、あるいは理髪店以外の業種にも多角経営に乗り出しているのか。



 ↓ 男性2人のように見えますが、今まさに唇と唇を重ね合おうと・・・。



 かなり濃厚なシーンですので、一面のオレンジ色で絵が見えにくくなっています。子供は観ちゃダメ!

 ↓ 窓に貼り出された謎のメッセージ、「ゆう」。



 ↓ 黒地の看板が、そこはかとなく男気を感じさせますね。そして・・・ニグロ!



 ↓ こう表示されていると、どうしても縦に読んでみたくなるのが人情ってもんです。



 「チロトトン」「ング一ッザイ」「パニルカデ」・・・男性の美と愛の願いを叶える呪文でしょうか。濃厚なラブシーンを次に演じるのは、あなたかもしれませぬ。

 ※ 作品の解釈はあくまであっしことの個人的見解や妄想に基づくものであり、必ずしも作者の意図に合致するものとは限りませぬ。


 2013年10月14日撮影  出土地 群馬県高崎市新町


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(3)路上の宝物殿

2015年07月29日

路上の宝物殿 第174回 太田市

 やっぱり肉を食べたいよね、なんて高校生みたいことを思ったりするあっしことでございます。

 玉ネギ消費作戦として、昨日と本日、夕食に焼きそばを作りました。昨日の具は、玉ネギのみ! ・・・といきたいところでしたが、庭で育てているセロリがだいぶ大きくなっていたので、セロリも具として入れました。たったそれだけの、菜食焼きそばでした。

 それはそれで、まぁ腹を満たすことは出来たのですが、やっはりどうも物足りないんですよね~。どうもエネルギッシュさに欠けるというか。といわけで、本日の焼きそばでは、セロリはメンバーからはずしました。代わりに、何でもいいから肉を入れたいなと思って、スーパーマーケットに立ち寄って手頃な値段の肉を買ってきました。鶏の胸肉だったんですけどね。まぁ、セロリよりは断然良かったですよ。

 こうして2回の焼きそばで玉ネギ1個を消費。残りの玉ネギは、やや小さめの1個のみとなりやした!


 さて本題の方は、本日も「路上の宝物殿」です。連日の猛暑に、「すべてを脱ぎ捨ててしまいたい!」と思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。しかし、仕事中の方の場合、安全面や衛生面での必要から、ぶ厚い作業着などを脱ぐわけにはいかないという場合もあることでしょう。

 仕事だけではありませぬ。場合によってはこの猛暑の中、人生の一大イベントで豪華な衣装を身につける、という方もいらっしゃるかもしれませぬ。今回はそんな場面を表現した作品を紹介しましょう。

 その宝物(ほうもつ)は、太田市内の旧新田郡新田町内を通る県道足利伊勢崎線沿いにて発掘されました。

 ↓ この時期に、和服フル装着での神前式はきつそうですね。



 冠稲荷神社さんの看板が中央に写っているのですが、本当の宝物は、その奥にあります。

 ↓ モートル? 外壁が崩れた民家にお守り札のように貼られた2枚の「ナショナル モートル



 これは、あまりの暑苦しさに衣装を脱ぎ捨てたい新郎新婦の「もう、とる?」という心の声を表現しているのでしょう。

 ※ 作品の解釈はあくまであっしことの個人的見解や妄想に基づくものであり、必ずしも作者の意図に合致するものとは限りませぬ。


 2013年10月6日撮影  出土地 群馬県太田市新田小金井町


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(6)路上の宝物殿