路上なんさね。 › 2017年08月09日

2017年08月09日

こっそり現場訪問記 第237回 飯山市・雪

 あっしことでございます。

 以前にもありましたが、また最近、あっしのパソコンでは「路上なんさね。」が正常に表示されないことが多くて困っています。なので、コメントが書き込まれたと分かっても、ページを開けないので返事が書けませぬ。どうしたもんですかね~。


 さて本題の方は、あえてこの時期にお届けする「こっそり現場訪問記」、前々回からの続きです。

 暑さにうんざりのこの時期に、真冬の雪の現場をご覧くだされ。長野県北部の飯山市の様子です。

 ↓ 飯山市役所近くの国道117号沿いに、どうしても鑑賞せずにはいられない場所が。



 ↓ その場所の名は、「雪捨て場」!



 ↓ 雪を積んだダンプカーが頻繁に入ってきます。飯山市内で除雪された雪がここに運ばれてくるのですね。

 

 ダンプカーがとても小さく見える、平らに造成された台地のようなこの場所、おそらくすべて雪で出来ていると思われます。

 ↓ 千曲川の河川敷にある「雪捨て場」。春以降は、自然に溶けるままにしているのでしょうか。




 2017年2月19日撮影
  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(2)こっそり現場訪問記