路上なんさね。 › 日本各地の境目

2022年09月24日

日本各地の境目 第33回 国道8号

 またもや危機に瀕したあっしことでございます。

 昨夜、仕事帰りに食事をしに出かけやした。目的の店があったのですが入れず、急きょ別の店に向かいやした。何ヵ月かぶりに訪れたその店は、定食類や、かた焼きそば、カツカレーを主力とする店で、とにかく量が多い。予定外でしたが、今夜はここでガッツリ食うんべぇか!と乗り込み、焼肉定食を注文しやした。

 しばらく待って出てきた焼肉定食、以前に食べた時と変わらずかなりの大皿に豚焼肉とキャベツサラダなどがたっぷり乗っかっていやした。さて食べ始めようとした時に、念のために確認。この店では定食類はご飯のおかわりが無料だったはず。「無料サービスは終了しました」なんてことだと困るので、壁に貼り出してあったはずの掲示を探してみたところ…予想外の掲示が目に入ったじゃねぇっすか!

 「9月24日(土)をもちまして閉店いたします」だとー!? なんと、たまたま訪れたこの日は閉店前夜でやした。結構お世話になったこの店で、これが最後の食事となるんか! そう思うと、最後はきちっと食いまくらねばという使命感が沸き起こり、ご飯のおかわりの際、店員さんに量を聞かれて、思わず「普通盛りで」と答えてしまいやした。

 いや本当に激しく空腹の時なら普通盛りでもよかったのですが、おかずだけでもかなりの量のこの店の定食の場合、おかわりは「少なめ」にするのがあっしにとっての平常時の適量でやした。普通盛りといっても、結構どかっと盛られてくるんすよ、ここのご飯は。しかし、頼んだ以上は米一粒たりとも残さず食べねば。ましてや、閉店前の最後の食事。内臓がパンパンに膨らんでキリキリとした痛みを感じつつ、周りの人に気付かれぬようそっとズボンのボタンをはずしベルトを緩め、苦しさに涙が出そうになりながら食べ続けやした。

 どうにか気合いで食べきり、店員さんに「明日で閉店なんですね。最後に来られてよかったです。」と声をかけて会計を済ませやした。そのあと、ネコに食べさせる刺身を買いにスーパーマーケットに立ち寄りやしたが、腹が苦しすぎて1時間弱ほど車の中でぶっ倒れていやした…。


 さて本題の方は、境目の訪問報告の続きです。

 今年の夏もあまり遠出しませんでしたので、その代わりに2016年に遠出した時に訪問した境目の報告です。前回からの続きで、国道8号の新潟県糸魚川市と富山県朝日町との境目の報告です。

 ↓ 橋の途中に小さな標識が立てられていて、この写真では「市振」と表示されてある面が写っています。この境目の糸魚川市側は、以前は市振村という村だったようですね。



 その標識の反対面には「境」と表示されています。朝日町側の地名は境。本当にここは境目レベルの高い場所です。なお、写真にパトカーが写っていて、新潟県警のものか富山県警のものか分かりませんが、パトロール中であっても県境を越える際には車内で「越境いたしました~!」と声を上げてもらいたいですね。出来れば警察無線で全署員に誇示するかのようにやってくれると楽しいですね。

 ↓ <左>境目からすぐの朝日町側には北陸電力境川第二発電所がありました。 <右>そのまたすぐ近くには「ドライブイン境川」という表示のある建物が。こちらはだいぶ前から閉鎖されているような感じでした。

 

 ↓ 境橋の北側の様子。あいの風とやま鉄道の線路があり、その奥に日本海が見えました。列車が通ってくれれば写真に写し込みたかったところですが、タイミングが合わず。運行本数はかなり少ないようですね。



 ↓ 動画です。糸魚川市の市振駅前から出発し、朝日町へと越境します。




 2016年8月9日越境
  


Posted by あっしこと at 23:59日本各地の境目

2022年09月18日

日本各地の境目 第32回 国道8号

 危機に瀕したあっしことでございます。

 この前の金曜日の夜、夕食後しばらくしてから突然腹の調子がおかしくなりやして、とりあえずトイレに入ったものの何やらただならぬ違和感が襲ってきやした! ギュルギュルと音を立てて腹の中が動いているのが分かり、やがて下腹部に猛烈な痛みが広がってきやした。もしかしてこれは盲腸の痛みか? なんてことも頭によぎりやしたが、盲腸というよりは腹の中で何かが暴れているような感じで、体の内側から痛めつけられているような何とも手のつけられない状態。呼吸をするのも苦しいくらいの窮地に追いやられ、こりゃあ救急車を呼ばんといかんかなと…。

 ネコの世話をしなきゃいけないのに、自分が救急搬送などされる訳にはいかん! そんな気合いでどうにか踏ん張り、出せるものをトイレに出し切り、ベッドに倒れ込みやした。こんな激しい痛みは覚えがないな、と思いつつも力尽きて眠りに落ちやして、1時間半後くらいに目が覚めやしたかね。腹の痛みはどうにかおさまっていやした。

 食欲が落ちたネコのために毎日刺身を買ってきて食べさせていやすが、ネコが食べ残したものはあっしが食っていやす。巷で話題になっているアニサキスにでも襲われたんすかね。でも、アニサキスって気合いだけで撃退できるんすかね…?


 さて本題の方は、境目の訪問報告の続きです。

 今年の夏もあまり遠出しませんでしたので、その代わりに2016年に遠出した時に訪問した境目の報告です。前回までの記事で、長野県小谷村から新潟県糸魚川市に越境した際の国道148号の境目を報告しましたが、そのあと糸魚川市内で国道8号に入って西へと進みました。

 ↓ そして到着したのがこちらの境目。



 ↓ <左>境川にかかる境橋。これはもう、正にここが境目という感じの名称ですね。 <右>境川の上流側の様子。

 

 ↓ <左>境川の東側は新潟県糸魚川市。 <右>西側は富山県朝日町です。

 

 あっし、この時初めて富山県に足を踏み入れやした。この境目の報告、続きはまた次回に。


 2016年8月9日越境

  


Posted by あっしこと at 23:59日本各地の境目

2022年09月17日

日本各地の境目 第31回 国道148号

 毎日ヒヤヒヤのあっしことでございます。

 あっしの大切なネコですが、ほとんど何も食べられないような状態からはどうにか良くはなってきました。それでも食べる量は少なく、生魚とちゅ~るしか食べてくれないです。毎日刺身を買ってきているのですが、みじん切りにして口元に差し出してあげて、やっと一度に2切れ分くらい食べられるかなという感じです。ちゅ~るも、1本を全部食べきれない時があります。

 脱水症状を緩和するために家で毎日点滴をしてやってくださいと、動物病院から点滴セットを受け取ってあるのですが、針を刺されるのをネコは嫌がって抵抗しますのでなかなか点滴も出来ませぬ。

 仕事から帰宅して、もしもネコが死にかけていたらどうしよう、なんて不安が続く毎日です。


 さて本題の方は、境目の訪問報告の続きです。

 今年の夏もあまり遠出しませんでしたので、その代わりに2016年に遠出した時に訪問した境目の報告です。国道148号で長野県小谷村から新潟県糸魚川市に越境しました。

 前回の記事に掲載しましたが、境目の橋の上から撮影した写真で沢の上の方に見えた赤い橋が気になったので見に行ってみました。

 ↓ <左>境目の近くにある新潟県道375号平岩停車場蒲原線の坂道をのぼっていくと、沢の方に続く道路は「通行止」となっていました。 <右>車両は通行できませんが立ち入り禁止とはなっていなかったので徒歩で進んでみると、下から見えた赤い橋に出ました。

 

 水量は少ない感じでしたが蒲原沢の流れが近くに見えました。この橋は国界橋の旧橋だそうです。

 ↓ 旧橋から見下ろした国道148号の国界橋。



 ↓ その北側にはコンクリートで大規模に保護された斜面が。このあたりは土砂崩れが起きやすい土地柄なのでしょうか。



 ↓ 旧橋の東側、小谷村側は雪除けのためだと思いますがこのようになっていました。



 きっと以前はこの道路が県境越えのルートだったのでしょうね。

 ↓ 旧橋の西側の県道平岩停車場蒲原線は、草木がかなり茂っていましたが通行できるようになっていました。



 ↓ 動画です。旧橋の西側から国道148号におりて糸魚川市から小谷村に越境します。




 2016年8月9日越境
  


Posted by あっしこと at 23:59日本各地の境目