路上なんさね。 › 定点観測してぇんさ長野でも

2022年10月02日

定点観測してぇんさ長野でも 第5回 駅南幹線

 車の中ではラジオかラテン音楽かのあっしことでございます。

 ニュース番組の時間はラジオをかけていやすが、その他の時間は基本的にスペイン語の曲をかけとりやす。今年になってようやく、YouTube の動画を MP3 に変換して再生するという方法に気が付き、車内でかけられる曲が増えやした。

 まぁまぁ気に入っていた歌手の曲で、もう10年以上も前に発売されていて知らなかった曲を YouTube で見付けたんすが、いやもう、歌い上げっぷりと歌詞が熱すぎてたまらんすね。「私の愛はまるで火山、完全噴火であなたを焼き尽くす」とか、御嶽山の噴火災害の遺族の方が耳にしたら発売中止を求めたくなっちゃいそうな危険さがありやすね。また、「あなたの一つ一つの血管とあらゆる骨と、一回ごとの呼吸にも私が駆けまわっていることを感じてほしい」とか言っちゃってやすからね。日本ではあまり聞かない表現で激しく攻めてきやす。

 これから寒い季節に向かっていきやすが、ラテンの力で心の中は常に熱くいきたいっすね。本当に焼き尽くされちゃうと困っちまいやすが、激しく攻めてくる人がいても楽しいかなとは思いやす。


 今回は、定点観測してぇんさ長野でも、です。

 自称 “定点観測バカ” のあっしが現在生活する長野県内で取り組んでいる、勝手な定点観測活動の報告です。当面は、2018年9月から開始した長野市の駅南幹線の工事現場の定点観測報告をしていきます。

 今回は2019年3月と4月の様子です。左側が3月に撮影した写真、右側が4月に撮影した写真で合成してあります。

A地点
B地点
C地点
D地点

 ↓ B地点の撮影位置のすぐ近く、駅南幹線の北側に並走する道路が造られていました。(3月)



 ↓ 駅南幹線の南側に並走する道路も整地されていました。(4月)




 2019年3月24日・4月28日撮影
  


Posted by あっしこと at 23:59定点観測してぇんさ長野でも

2022年09月25日

定点観測してぇんさ長野でも 第4回 駅南幹線

 久々に遭遇した、あっしことでございます。

 先日、台所で黒い生き物を発見しやした。と言っても、ゴキブリじゃないっすよ。非常に特徴的な大きなカーブを描いた背中をした昆虫、そう、カマドウマでやす。前回遭遇したのは高崎市内の木造の家に住んでいた頃なので、15年くらい前じゃないっすかね。

 カマドウマって、腰の曲がった老人みたいな動きにくそうな体の形なのに、ものすごい跳躍力で素早く跳んでいくんすよね。今回も捕まえようとしたものの、一瞬でどこかに跳んでいっちまいやした! でもその数日後にまた台所に出現したので、跳びはねないように慎重に追い詰めて捕まえ、外に逃がしてあげやした~。


 さて本題の方は、定点観測してぇんさ長野でも、です。

 自称 “定点観測バカ” のあっしが現在生活する長野県内で取り組んでいる、勝手な定点観測活動の報告です。当面は、2018年9月から開始した長野市の駅南幹線の工事現場の定点観測報告をしていきます。

 今回は2019年1月と2月の様子です。左側が1月に撮影した写真、右側が2月に撮影した写真で合成してあります。

A地点
B地点
C地点
D地点

 B地点では12月の撮影時まで目の前に大きく立ちふさがっていた機械がなくなり、再び工事現場の様子が見渡せるようになりました。

 ↓ 1月の撮影時は、多分前日に雪が降ったのだと思います。市街地なのでそんなには積もっていませんでしたが、1ヵ所にかき集められた雪はそれなりの山になっていました。

 

 ↓ 休息中の重機たち。意図したわけではないのですが、日射しの加減でしょうか、空に斜めの線が入っていますね。(2月)




 2019年1月27日・2月24日撮影
  


Posted by あっしこと at 23:59定点観測してぇんさ長野でも

2022年05月04日

定点観測してぇんさ長野でも 第3回 駅南幹線

 あっしことでございます。

 昨夜の記事にいつもとは違う点があったことはお気付きになりましたでしょうか?

 投稿時刻がいつもの23時59分ではなく、23時50分になっていたのです。「あっしことの野郎、誰も気が付かないと思って手抜きでもしたんか?」と思った方がいるかもしれませんが、そうではないのです。

 いつものように23時59分49秒に投稿をしようとパソコンで記事の編集をしていたのですが、うちのネコがそれを邪魔してキーボードの上をズカズカと歩き回り、どのキーが押されたのか分かりませんが勝手に投稿されてしまったのです。

 ネコがキーボードの上を歩きまわるのは毎日のようにあることで、編集中の記事が消されてしまったことも今まで何回もありました。パソコンを使ってのリモートワークなんて、うちでは絶対に無理でございます~。


 さて本題の方は、定点観測してぇんさ長野でも、です。

 自称 “定点観測バカ” のあっしが現在生活する長野県内で取り組んでいる、勝手な定点観測活動の報告です。当面は、2018年9月から開始した長野市の駅南幹線の工事現場の定点観測報告をしていきます。

 今回は2018年11月と12月の様子です。左側が11月に撮影した写真、右側が12月に撮影した写真で合成してあります。

A地点
B地点
C地点
D地点

 定点観測を開始して3回目の撮影で、B地点・C地点は早くも危機が訪れました。撮影地点の目の前に大きな機械が置かれて、視野が遮られるような形になってしまいました。

 ↓ 「雪を融かす施設をつくっています」という看板が出ていました。(11月)



 A地点は南を向いて撮影していますので、太陽の位置が低い冬の間は真っ昼間に撮影すると太陽が写真にもろに入ってしまいます。あえて太陽が建物の陰に入った遅い時間帯に撮影しています。

 ↓ なかなかうまく撮れなくて苦労しましたが、旗を振る人の姿をとらえることに成功。(11月)



 ↓ B地点・C地点の撮影位置の近くには歩行者と自転車がJRの線路を越えられる跨線橋があります。その跨線橋の階段の上から見た工事現場の様子。(12月)



 フェンスで囲まれている場所がアンダーパス近くの道路の建設が進められている場所です。


 2018年11月24日・12月24日撮影
  


Posted by あっしこと at 23:59定点観測してぇんさ長野でも