路上なんさね。 › 2017年12月18日

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2017年12月18日

セーブオンを忘れない 第12回 伊勢崎市

 仕事している場合じゃないかもしれない、あっしことでございます。

 気が付いたら、もう残り2県だけじゃないっすか。毎晩遅くまで残って仕事なんてしている場合ですかね。

 まぁ、仕事を辞めちゃうわけにもいかないんすけどね。何の話かというと・・・


 今回も「セーブオンを忘れない」です。

 群馬が誇る我らのコンビニエンスストア、セーブオン。全店舗がローソンへと転換することが決まってしまった今、消えゆくセーブオンの姿を記録に残すため、ひたすら店舗を訪問し撮影しています。

 セーブオンの公式ホームページを久しぶりに見てみたら、千葉県と栃木県のセーブオンが既に閉店してしまったことを知りました。(公式ホームページ上では)残りは群馬県と新潟県のセーブオンだけじゃないっすか! 油断せずセーブオン訪問に全力を尽くさないといけないし、訪問済みの店舗の報告もどんどん記事にしていかなきゃならんですな。

 今回報告するのは、群馬県伊勢崎市のセーブオン伊勢崎東流通団地店さんです。県道39号足利伊勢崎線沿いにあり、その店名に示された通り流通団地の片隅に位置している店舗です。

 ↓ 大きな看板を支える柱の下の方には、立ったまま人間ピラミッドの組体操(?)をしている3人の姿を描いた看板が。

 

 ↓ こちらの店舗の注目点は、やはりこの看板ですね。



 手を伸ばせばすぐに触れることが出来る・・・そんな身近な存在でありたいという思いを象徴しているのでしょうか。この看板の足元にある黄色い柵は、ちょっと腰をおろすのにも便利です。店で買ったホットスナックなどを食べつつ一休みするのに最適ですし、消えゆくセーブオンの看板を背景にして “インスタ映え” する写真を撮るのにもうってつけです。

 ↓ 伊勢崎東流通団地店さんのレシート。




 2017年4月2日訪問


  


Posted by あっしこと at 23:59Comments(0)セーブオンを忘れない